ニュース

  • Home アインシュタインドハース効果による音速の加速・減速に関する論文がPhysical Review B (Letters)にアクセプトされました。
    慶大、中国科学院大学カブリ理論科学研究所の共同研究で、JST-CREST(課題番号: JPMJCR19J4)による成果です。 [2021.6.22]
    ( S. Tateno, Y. Kurimune, M. Matsuo, K. Yamanoi and Y. Nozaki, Phys. Rev. B ***, ****** (* pages) (2021).)
  •  新4年生が3人研究室配属されました。一緒にがんばりましょう。 [2021.04.01]
  •  音波を使ったスピン流生成の周波数依存性とその非線形性に関する論文がPhysical Review Bに採録されました。
    慶大、中国科学院大学カブリ理論科学研究所、理研の共同研究で、JST-CREST(課題番号: JPMJCR19J4)による成果です。 [2020.10.14]
    ( Y. Kurimune, M. Matsuo, S. Maekawa and Y. Nozaki, Phys. Rev. B 102, 174413 (7 pages) (2020).)
  •  音波を使ったスピン流生成の効率に関する論文がPhysical Review Bに採録されました。
    慶大、中国科学院大学カブリ理論科学研究所の共同研究で、JST-CREST(課題番号: JPMJCR19J4)による成果です。 [2020.9.3]
    ( S. Tateno, G. Okano, M. Matsuo, and Y. Nozaki, Phys. Rev. B 102, 104406 (9 pages) (2020).)
  •  音波を使った磁気回転効果に関する論文がPhysical Review Lettersに採録されました。
    慶大、中国科学院大学カブリ理論科学研究所の共同研究で、JST-CREST(課題番号: JPMJCR19J4)による成果です。 [2020.5.28]
    ( Y. Kurimune, M. Matsuo, and Y. Nozaki, Phys. Rev. Lett. 124, 217205 (6 pages) (2020).)
    ( 慶大とJSTの共同リリース文.)
    ( 日本経済新聞.)
  •  新4年生が2人研究室配属されました。大変な時期ですが一緒にがんばりましょう。 [2020.04.01]
  •  強磁性/半導体複合材料を用いたスピン波励起の巨大な非相反性に関する論文がPhysical Review Appliedに採録されました。
    JST-CREST(課題番号: JPMJCR19J4)による成果です。 [2020.3.14]
    ( S. Tateno and Y. Nozaki, Phys. Rev. Applied 13, 034074 (5 pages) (2020).)
    ( 慶大とJSTの共同リリース文.)
    ( 日本経済新聞.)
  •  能崎研D3の岡野元基君が慶應義塾大学 理工学研究科 藤原賞を受賞しました。
    本賞は、当理工学研究科の修士課程および後期博士課程の学生で、研究活動において理工学研究科学生の範となるような顕著な業績をあげた者に与えられます。 [2020.3.27]
    ( photo)
  •  スピントルクFMRの精密測定に関する論文がJournal of Magnetism and Magnetic Materialsに採録されました。
    慶大、中国科学院大学カブリ理論科学研究所の共同研究による成果です。 [2019.3.14]
    ( T. Horaguchi, M. Matsuo and Y. Nozaki, J. Magn. Magn. Mater. 505, 166727 (5 pages) (2020).)
  •  博士課程3年岡野 元基君が2019年秋季大会 日本物理学会学生優秀発表賞(Student Presentation Award of the Physical Society of Japan)を受賞しました。おめでとうございます! [2019.10.25]
    ( 日本物理学会ホームページ)
  •  博士課程3年岡野 元基君が2019年秋季応用物理学会 英語講演奨励賞を受賞しました。おめでとうございます! [2019.10.25]
  •  JST-CREST課題 (ナノ構造制御と計算科学を融合した傾斜材料開発とスピンデバイス応用 : 代表 能崎幸雄)が始まりました。 (2024年度まで 5年半のプロジェクトです) [2019.10.1]
    ( リンク.)
  •  修士課程2年山本 晃弘君が日本磁気学会 令和元年度学生講演賞(桜井講演賞)を受賞しました。おめでとうございます! [2019.08.05]
  •  サブミクロン強磁性細線の3マグノン散乱に関する論文がPhysical Review Bに採録されました。 [2019.8.16]
    ( G. Okano and Y. Nozaki, Phys. Rev. B 100, 104424 (10 pages) (2019).)
  •  電流の渦を用いたスピン流生成に関する論文がPhysical Review Lettersに採録されました。
    慶大、中国科学院大学カブリ理論科学研究所、理研の共同研究による成果です。 [2019.5.29]
    ( G. Okano et al., Phys. Rev. Lett. 122, 217701 (6 pages) (2019).)
    ( プレスリリース(2019/05/30) .)

能崎教授紹介パンフレット


リンクページ: 新版 窮理図解 no.10
新版 窮理図解

更新履歴

  • Home 「メンバー」を更新しました [2021.06.02]