慶應義塾 理工学部物理学科 西村研究室

研究室では、万物を構成する最小の要素「素粒子」の特性を検証し、遠い宇宙の過去を秘めて飛来する「宇宙線」の観測を通して、宇宙の基本法則と成り立ちの解明を目指しています。

詳細は「研究紹介」のページを御覧ください。
研究室への進学・アクセス・メンバーについて、「研究室について」のページを御覧ください。
教員紹介(西村康宏)はこちらから。
 

新着情報

(全文はリンク先へ)
  • 2019.09.06
    ハイパーカミオカンデ会議
    東京大学柏キャンパスで行われた第9回ハイパーカミオカンデ・プロトコラボレーション会議に参加しました。 

  • 2019.07.29
    T2Kコラボレーション会議
    フランスのÉcole polytechniqueにて、T2Kコラボレーションの全体会議が行われました。

  • 2019.05.29
    バーベキュー(皐月会)
    関東の各大学から、素粒子実験研究室の教員と学生が集い、バーベキューを行いました。晴天の中、100名以上が参加しました。 

  • 2019.04.20
    来年度進学をご検討中の方へ
    6月入学試験の出願期間は4月24日(水)までとなっています。本研究室でも修士進学希望の方を募集しています。詳細は以下を御覧ください。ご不明な

  • 2019.04.12
    2019年度配属
    学部4年生 永井 雄大さん、前川 雄音さんが配属されました。